整体師資格取得のために整体スクールに通う必要が整体師になるにはあるのか?

MENU

整体師資格のメリット&失敗しない整体学校選び!初めの一歩とは…

近年は、終身雇用の崩壊リストラ、過労死など、サラリーマンいうポジションが多くの人にとって美味しいポジションではなくなってきています

 

今、職場環境に満足している人にも不安材料はあります。

 

  • 異動で、合わない上司と巡り会ってしまったら…
  • 人員削減の影響を受け睡眠時間を削らなければならないほどに忙しくなってしまったら…

 

サラリーマンとして働いている限り、無視できないリスクです。

 

サラリーマンとしての不安・リスクを排除する、軽減するにはどうしたらいいのか…?

 

その方法の一つとして「整体師資格取得」があります。

 

整体施術1

整体師は、自分の腕一本で生きていくことができます。

 

1時間施術して6,000円もしくはそれ以上お金をいただくことができる仕事です。

 

独立して一人で患者対応できるまでになれば、上司云々、会社云々のストレスは皆無です。

 

また、弁護士、医者などの難関国家資格とは違い、資格取得自体はその気になれば誰でも可能です。

 

とはいっても、整体師って儲かるの?やっていけるの?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

整体師資格はその気になれば誰でも取得可能といってもよいですが、職業としてやっていけるかどうかは誰でもやっていけるとはいえないかもしれません。

 

ですが、整体師は会社員とは属性そのものが違います。独立ということを頭に描くことができます。

 

手際よく立ち回ったり、上司に好かれなければ先がないといったことはなく、夢を描くことができます。

 

骨格標本

会社員として器用に立ち回るのが性に合ってないという人もいらっしゃいます。

 

一つの道を地道にコツコツ積み上げていけるなら頑張れる…という人には、整体師という職業はぴったりだと思います。

 

普段会社員として忙しくしているから、整体学校へ通う暇がないという人もいるかもしれませんが、単位制の整体学校・夜間に通える整体学校もあります。

 

単位制・夜間だから資格取得ができないということはありません。

 

整体師を目指すからと言っていますぐ会社を辞める必要はありません。

 

また、会社勤めをしながら整体師の資格を取り、虎視眈々と整体師への転職の機会をうかがってもいいし、自らにその適正があるかどうか自問自答し続けてもいいのです。

 

いずれにせよ、整体師資格をとるだけで、精神的な余裕が圧倒的に違ってきます。会社で失敗を恐れない、上司に嫌われることを恐れない自分になれます。

 

整体師資格を目指す初めの一歩としては、「無料でできる整体学校資料一括請求」がおすすめです。

 

整体施術2

もしかしたら、「すでに、近所に気になる整体学校がある」、「ネットで検索してよさそうなところに見学に行ってみようかな」という人もいるかもしれません。

 

ですが、それはおすすめできません。

 

整体学校はコンビニと大差ないほどにたくさんあり、中には、巧みな営業トークで不本意に入校させられてしまう場合もあります。

 

そういったことの無い様にするためにも、無料でできる整体学校資料一括請求が良いのです。

 

複数の有力整体学校の資料を取り寄せて、じっくり比較・吟味する。そのうえで、気になるいくつかをピックアップし、実際に見学に行く。さらに比較検討し、自分の意志でよいと思った整体学校に決める。

 

これが、最も失敗の無い整体学校の選び方だと断言できます。

 

資料請求したからと言って、会社を辞めなければならないわけではありません。会社員としての自分に不安・疑問を持っているのであれば、資料請求からスタートしてみてはいかがでしょうか?あなたを守ってくれるのは会社ではありません。親でもありません。あなた自身です。

 

どんなことがあっても生きていける自分になるために、小さくても偉大な一歩を踏み出してみましょう。

 

整体学校資料一括請求が無料でできる!

ケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/

整体師ウルフ

本記事執筆者
整体師ウルフ(整体師歴10年)
現在独立して自由を謳歌している
整体学校で講師として勤務した経験あり

 

本サイトは整体師になりたい、整体師という職業が気になるという人のために、実際の整体師が書いたサイトです。

整体ってどんなの?大規模で展開してる整体院に行ってみたことありますか?

 

リラクゼーションのお店、もみほぐしのお店であればいったことがある人もいるかもしれませんが、整体院はどうでしょう?

 

整体師に興味を持たれている人は、整体院へ通ったことがある人がほとんどかもしれません。

 

それはどんな整体院でしたか?おそらく、それほど大きな整体院ではなく、家の近くのこじんまりとした整体院だったのではないでしょうか?また、肩こりであったり腰痛であったり、ぎっくり腰であったり何らかの身体の不快症状の改善を目的としていかれたのではないでしょうか?

 

整体師1人、もしくは2〜3人くらいの小さな整体院の場合は、整体師の技術・知識を同一レベルで保つことが可能です。

 

ですから、肩こり、腰痛、ぎっくり腰をはじめ、坐骨神経痛、40肩、50肩など様々な重い症状に悩まれている患者に対しても対応ができる体制を作ることが可能です。

 

ですが、規模が大きくなってくるとそういうわけにはいきません?

 

店舗が増えれば、利用客も増える…利用客が増えればスタッフ(整体師)が必要となる。だけど、整体の技術・知識はそれほど短期間で身につくものではない…

 

大規模な多店舗展開は上手に行うには、個人のそれとはやり方が大きく異なります。一番大事なのは

 

来店してくれる、来店を考えている人に(重い症状を持っている人ではなく)軽い症状もしくは健康な人の健康増進を目的とした整体院であるということを根付かせる

 

ということです。そういう人の対応であれば、育成はある程度型にはめることができますので、スタッフをそろえることができますし、利用者に満足してもらうことができます。

 

整体師として、技術・知識を高めることは、他の人が真似しにくい領域へと自分を高めることでもあるので、多店舗展開の場合はそういう整体師を求める客層をターゲットにするとうまくいきません。

 

ですから、個人の整体院と多店舗展開の整体院は結果棲み分け(価格・ニーズ・客層など)が出来ていると言えます。

 

そして、実は、多店舗展開している整体院こそが、正論・有意義であるという言い方もできます。東洋医学を源流に持つ整体は、身体を1つの最小個体と捉ええます。どこかが悪いからそれを切除(手術)するといった考え方はありません。

 

整体で何等かの疾患を抱える前に、歪みを整える、凝りを改善する…整体は未病、余病への取り組みなのです。

 

未病・余病の考え方がより浸透すれば、病院へ行く人が減る。薬を飲む人が減る。入院する人が減る。医療費が減る。日本の財政を助けることにもつながります。非常にスケールの大きな社会的意義のあることになってきます。

 

整体は人の手で行うもの…。一人でも十分生活できるだけのお金を稼ぐことができますが、ビジネスとして大きな野望を抱いている方や、人に多大なる影響を与える何かをしたいと思っている方ももいらっしゃるでしょう。

 

もし、あなたが、個人の小さな整体院しかいったことがないというのであれば、一度、多店舗展開している大規模の整体院がどんな風な対応をしているのか覗いてみてはいかがでしょうか?

 

そして、あなたはどんな整体師を目指しますか?

《参照》大規模に多店舗展開している整体院カラダファクトリー

 

佐々木希さんをCMで起用してます。整体院で佐々木希さんをCM起用できるなんて凄いですよね…。私も一応同じ整体院オーナーなわけですが、そんなことできるわけがありません!!

 

でも、やっていることは同じなんですよね。遥か彼方ですが、私のやっていることの延長線上に芸能人のCMがある…不可能じゃない…と思えるのが一国一城の主である良さですね…。

 

http://www.karada39.com/(公式HP)

 

公式HPを見てみると、重い疾患を持っているわけじゃないのに整体が気になる!行きたい!!って思わせる様にすごい工夫されています。いやいや勉強になります(汗)

私が整体師になったきっかけと流れ

 

私、整体師ウルフは、何となくいった大学を何となく卒業して、会社員となりました。何となく会社員としてもやっていけるって思っていました。

 

でも、社会に出て、厳しい現実を目の当たりにすることになりました。いい人、素敵な人はたくさんいた会社でしたが、勤務環境としては劣悪というしかないようなブラック企業。私の仕事の遅さも後押しして、

  • 仕事がいつまでたっても終わらず、平均睡眠時間は3時間
  • 上司には、毎日「アホ、ボケ、カス」と罵られ

 

仕事を辞めたい!いつも思っていました。だけど、前向きな理由を見出すことが出来ず、辞めることが出来ず、肉体的にも精神的にも追い込まれていました。そんな日々を送っていたある日、ふと、目に留まった整体院に生まれて初めて立ち寄りました

 

忘れもしない、新卒3年目の春のことです。

 

初めての整体は、自分にとっては衝撃でした。受けているときは、「うぉぉぉ。なんかすごいぞ!!」という具合だったのですが、次の日休みだったこともあり、深い眠りにつけたのが今でも記憶に残っています。

 

整体を受けた夜、眠りについて…起きたのはナント18時間後だったのです。

 

ビビりました。でも、すごくすっきりしました。

 

(整体という)こういういいものがあるんだなぁ…と感動したのが私の初めての整体との出会いでした。

 

その後、週一ペースで6回ほど、その後は、月1ペースくらいで整体院に通うようになりました。

 

3回目くらいの時に再び衝撃的な出来事が…。上司にコテンパンに罵られ、ろくに寝ることもできない6日が終わり、明日は休み…そのタイミングで整体を利用しました。

 

いつものように、施術台にうつ伏せになり、整体を受けていました。その最中、先生がふと口にした言葉…

 

「桜がキレイに咲いてますよね…」

 

私は、精神的に追い詰められていて、桜が咲いていることすら目に入っていなかったことに気が付きました。

 

また、日ごろ、仕事場で仕事の話しかせず、頭の中も仕事のことでいっぱいで…人間らしい声をかけてもらったことに心が震えてしまい、うつ伏せのまま号泣してしまったのです。

 

遠い故郷、両親、大事な人とした会話を思い出していたような気がします。

 

「あぁ、先生は、季節を感じることが出来ているんだな。そういう生活をされているんだな…」
とその時思ったことは今でも昨日のことのように思い出します。

 

とはいっても、すぐに整体師になろうという頭にはなりませんでした。しばらくは、整体はお客としてお付き合いさせていただいてました。

 

ただ、「季節を感じる余裕のある先生に…そういう生活環境に…」憧れが生まれていたのだと思います。

 

何度も通ううちに先生とも色々な話ができるようになり、整体師になるにはどうしたらいいのか?についても聞くことができるようになっていました。

 

今思えば、「よくそんな話できたな…よく先生怒らなかったな…」。となるのですが、私が仕事で精神的に病んでいたことや、現状を変えたくてもがいていることは当然伝わっていたのだと思います。

 

だから、色々話してくれたんだろうなぁ…と思います。

 

先生との会話のおかげで整体へのハードルは随分と低くなりました。具体的にどうすれば整体師になれるのかは本ページを読み進めていただければ全て知ることができますが、まずは整体学校の資料を一括請求することから始めるのがベターです。

《参照》
整体学校資料一括請求が無料でできるケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/

それでも、仕事は続けていました。その仕事の先に未来を描けてるわけではないのに。辞めたくて辞めたくて仕方がないのに…。辞めるのも上司に言い出すのが気まずいとか色々とありますからね…。仕事は苦痛でしたが、結局続けてしまっている…そんな具合でした。

 

変化があったのは、彼女が出来て、その彼女と結婚を考えるようになってから。

 

  • 今の仕事では、彼女はおろか、結婚後、子供とも向き合うことができない。
  • 自分にはそんな余裕が今後生まれるとは考えられない。
  • 会社員という立派な歯車となり、大きな責任を抱え続けることに耐えられない。

と思っていました。

 

今思うと、世間を知らなすぎ…真面目すぎ…とも思えますが…当時は当時なりに真剣でした。

 

転職しようにも、何ができるのよ?何がしたいのよ?「今の仕事が嫌」、「もっと楽な仕事が良い」ってことしか頭にないからポジティブな何かが転職には浮かばない・・・

 

転職したって、望むような環境を手に入れることができるとは限らない。転職先でも上司とそりが合わないかもしれないし、仮にそんなことなかったとしても異動・転勤でそうなってしまうかもしれない。

 

だけど、整体は違う。「最終的には先生みたいになりたい」という気持ちは自分の中で本物だったのです。

 

  • 整体は独立を夢に描くことができる(転職での懸念を根本解決することができる)
  • 整体は積み上げる仕事(職場で要領よくスピーディーに立ち回れない自分でも大丈夫)
  • コツコツやれる仕事(技術の研鑽、勉強を続けるという行為は、それは自分自身の経済的安定を確固たるものに近づけてくれる)
  • シンプルな仕事(お金の流れがシンプル。他の業種に比べ、独立するのが圧倒的に簡単)

 

俺は整体師になる!

 

独立した自分が頭に浮かびました。白衣を着て、髭を生やしているワイルドな自分。それなりの間隔で患者が来てくれて…空いた時間には外を眺めて、「今日はいい天気だな」とつぶやく姿が…

 

決心してからは、会社を辞める前に整体学校に入学し、整体学校に慣れた頃に、会社を辞め(同時に結婚)、バイトをしながら整体学校に通い卒業し、整体師として働き、子供が生まれ、独立し…今に至っています。

 

”白衣を着て、髭を生やしているワイルドな自分。それなりの間隔で患者が来てくれて…空いた時間には外を眺めて、「今日はいい天気だな」とつぶやく”

今、まさにこのまんまです(笑)

 

幸せかそうではないか?と問われると、幸せです。不満はありません。整体師を志してよかったと心底思っています。ただ、独立を決意したときに頭に浮かんだほどの激烈ハッピー感を常に感じているわけではないですね。

 

それは、慣れてしまったのだと思います。今、この記事を書かせていただいていることで、辛かった当時を思い出しました。なので、今はまさに激烈にハッピーを感じていますけどね。

 

当時の自分に言ってやりたいですね。

 

「あの時決断して正解だったぞ」と。

 

人には適正、向き不向きがあると思います。仮に、現状に何等かの不満があって、整体師が気になるということでしたら、行動してみるとよいでしょう。人生は一度きりですし、アッという間に時は過ぎて行ってしまいますからね…。

 

整体学校資料一括請求が無料でできる!

ケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/

ピックアップ!非常に多い質問への返答
ぶっちゃけ整体師の年収・収入・給料はどれくらいなの?稼げるの?やってけるの?

私が、勤務していた所では

  • 通常の整体師:約15万円
  • 院長など店舗責任者クラス:約20万円

と言った具合でした。勿論、会社によりまちまちであるとは思いますが。私は、院長だけなく、複数店舗を統括するスーパーバイザーのような仕事や、併設している整体学校での講師の仕事も兼務させていただいていた時もあり、その時は月30万円ほどでした。

 

一つ言えるのは、どの整体院、整体学校であっても、歩合制という観点が強いです。各会社により昇給に違いはあれどどこも、売上に貢献してくれて、有用な人材であればそれ相応の報酬をもらうことができると言えます。

 

また、整体師の場合は、独立という手段があります。以下は全て個人の努力、実力によりますが…

 

独立して1人当たり6,000円の施術料金をいただいた場合、6,000円x5人=3万円。週休二日で20日稼働したとすれば60万/月の売上となります。そこから、経費を引くことになりますが、整体の場合は、出張でも出来ますし、小さな店舗ですることもできます。経費は店舗代、光熱費くらいしかかかりません。整体は数ある商売の中で最も経費が掛からない商売です。

 

1人では稼ぎに限界がありますが、人を雇い、その人が、同様に稼働したならば、売り上げは倍になります。給料を20万ほど支払ったとしても、自分の手元には月100万円程のお金が残ることになります。

自分ひとりでやる(客単価6,000円) 〜月60万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒0円)
スタッフ1人入れる(客単価6,000円) 〜月120万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒20万円)
スタッフ2人入れる(客単価6,000円) 〜月180万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒40万円)
スタッフ3人入れる(客単価6,000円) 〜月240万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒60万円)
スタッフ4人入れる(客単価6,000円) 〜月300万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒80万円)

また、創意工夫で、整体院そのものに付加価値を付ければ客単価を7000円、1万円、2万円と設定することもできます。

 

一人でまったりのんびりやっていく場合、稼ぎには上限がありますが、人に手伝ってもらうなどすれば、稼ぎに上限はありません。

自分ひとりでやる(客単価2万円) 〜月200万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒0円)
スタッフ1人入れる(客単価2万円) 〜月400万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒20万円)
スタッフ2人入れる(客単価2万円) 〜月600万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒40万円)
スタッフ3人入れる(客単価2万円) 〜月800万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒60万円)
スタッフ4人入れる(客単価2万円) 〜月1,000万くらいの売り上げ(自分以外の人件費≒80万円)

更には、塾、スクールを併設するということもできます。例えば、【1コマ60分x20回(20万円)基本コース】、【1コマ60分x100回(100万円)プロコース】で小さな整体塾、整体スクールをしたとすれば、更に売り上げを安定、増やすことができます。

 

塾、スクールといっても、大きな店舗を新たに借りる必要はありません。今の店舗での空いているベット、空いている時間でマンツーマンですることができます。

 

設備がしょぼいのに100万円もどうなの?と思うかもしれませんが、プロ整体師を目指す人にとって重要なのは、独り立ちしてプロとしてやっていけるかどうかが重要で、設備が重要なわけではありません。

 

マンツーマンでプロから徹底的に技術から経営術から何から何まで学べる…となれば、設備が整ったあたりさわりのない大手の整体学校よりも価値のある虎の穴の塾になり得ます。知る人ぞ知る少人数制の整体塾…として密かに話題になれば、かなりの売り上げを見込むことができます。

 

大きな企業で勤めているサラリーマンは将来的に独立したいなと思っていたとしても、全体像を見せてもらうことなく勤務しているケースが多いと思います。整体院経営というのは、経費が掛からない分、細々としたことも簡単でわかりやすく、独立しやすいというメリットもあります。

 

整体学校は、単位制で通えるところ、全日制のところ、夜間スクールなど色々な形式のスクールがありますから、興味があるなら、今、仕事を辞めることなくアクションを起こすことができるのもメリットです。医者になりたい、弁護士になりたい…といっても、そういうわけにはいきませんからね…。

 

整体学校資料一括請求が無料でできる!

ケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/

もしかして、整体師になるには整体師資格が必要だなんて思っていませんか?

整体師になるには資格を取らなきゃいけないの?

手の施術

資格には、国が定めている資格(国家資格)と、そうではなく民間機関が各々で独自に定めている資格(民間資格)とがあります。

 

マッサージ師、柔道整復師、鍼灸師などは国家資格です。

 

一方整体師には国家資格は存在しませんので、整体師の資格という風に表現する場合は、民間機関で独自に定めている資格(民間資格)のことを指します。

 

マッサージ師、柔道整復師、鍼灸師等は、国が定めた学校へ3年間通い、その後国家試験をパスしなければいけません。また学費は400〜500万円ほどの学費が必要であると言われており、社会人が脱サラして志すにはハードルが高いと言わざるを得ません。

 

一方整体師は、受講期間も学費も学校によりまちまちです。

  • カルチャースクールの延長のような整体スクールなら8万円〜20万程
  • 1〜3年くらいかけて学ぶ本格的な整体スクールなら100万円〜200万円程

中には、会社員が通えるようにと、自動車教習所のような単位システムで学べる学校もあります。

 

脱サラしようとしている人にとっては金銭的にも時間的にも選択肢の幅が広い整体スクールはありがたい存在であると言えます。

 

整体師には国家資格が無いので、整体師は皆、医療行為ではなく、サービス業の範疇で仕事に従事しています。サービス業の範疇で整体を行う分には、資格そのものは法律的には不要であるという裏事情が実はあります。

ここだけの話、私の知り合いに、整体学校・整体スクールに通ったことが無く、いわゆる整体師資格(民間資格)が無い状態で、別の分野で磨き上げた営業トークと独学の勉強だけで、山手線沿線に整体院を構え、普通に整体院を運営していた人もいます(それなりに稼いでいたみたいですが、本人が飽きたらしく、今はやっていません)。

 

こういう人は極々稀に存在しますが例外中の例外。実際は人の身体を扱う仕事ですから、お客を満足させるだけのしっかりとした知識・技術・接客対応が無ければ、生活していくだけのお金を稼ぐことはできません。

 

それらを学ぶために整体スクールは存在しているという位置づけです。

国家資格だから将来が約束されている。稼げる。というわけではない

国家資格だから安心。国家資格だから稼げる、国家資格の方が良いという風に漠然と思っている人がいるかもしれませんが、それは間違いです。

 

私が勤務していた整体学校には、国家資格を保持しているのに、思うように稼ぐことができないからと整体を学びに来ている人が結構な割合でいました。

 

国家資格を保持しているのに

  • 患者が増えないと悩んでいる
  • 生活が成り立たないと困っている
  • へたくそって言われた

…などの理由が多かったですね。

 

国家資格(マッサージ師、柔道整復師、鍼灸師など)の場合、治療院であるという位置づけで施術を行うことが許されていますが、反面、広告に制約があるなどのデメリットもあります。

 

整体院の場合は、サービス業の範疇を逸脱しなければ、自由に広告・プロモーションすることができます。

 

また、国家資格のカリキュラムは、商売としての要素が少ないと言えます。医療系の国家資格なわけなので当然と言えば当然なのですが…

 

整体学校・整体スクールの場合は、客商売として多くの人に評価されなければビジネスとして成り立たないという前提があります。

 

ですから、整体学校・整体スクールは専門的な知識・技術だけでなく、接客面・お客ウケのコツ・お客ウケのいい知識・技術というのも念頭においた学びを提供してくれます。

整体学校・整体スクールに自分でアポをとって見学にだけは絶対に行かない方がいい!!

国家資格と整体師資格の違い。メリットデメリットについてはある程度わかっていただけたかと思います。

 

整体師になろう!整体スクールに行くことに決めた!

 

という方に、絶対にしちゃいけないことをお伝えしたいと思います。

 

整体学校・整体スクールにいきなり自分で直接アポをとって見学に行っては駄目!
これを強く言わせていただきます。

 

整体学校・整体スクールは…社会で言えば、中小企業。学費で運営しています。

 

私の勤務していた整体学校も当然そうでした。「見学に訪れてくれた人に何とか入校してもらいたい!!」自分自身の評価や成績のこともありますので、見学担当者は皆そんな風に思っているのです。

 

ですから、自分で直接アポをとって見学に行くと断りにくくなります。自分の意思で冷静に自分にとってベストな整体学校を選択できなくなるリスクがあります。

 

整体学校選びを始めるのに最も無難なのは、整体学校・整体スクールの資料一括請求をすることです。

 

資料一括請求であれば冷静に自分の頭で整体学校を比較することができます。

 

整体学校とあなたの間に、資料一括請求を運営している会社がいるので、資料請求しただけでは、情やその場の雰囲気や担当者の口車に流させるような断りにくい状態にはなりません。

 

いきなり、整体学校・整体スクールに自分で直接アポをとって見学に行くのではなく、

 

  1. 資料を比較した上で、興味のある2〜3の整体学校・整体スクールに絞って見学に行く。
  2. 資料で徹底的に吟味した上で本命と決めた整体学校・整体スクールから順番に見学に行く。

いずれかをお勧めします。特に2の場合は、断らなければならない率が最も低い方法なのでおススメです。

 

資料一括請求は、資格雑誌で有名なリクルートの「ケイコとマナブ」がサービスをやっています。

 

今すぐ整体学校に通おうとしている人じゃなくても、整体師という職業に興味を持っているのなら、まずは情報収集として複数の整体学校・整体スクールの資料を取り寄せるのもアリだと思います。

 

ケイコとマナブ(リクルート)が整体学校に入って欲しくて必死になって営業かけてくることはありませんから気軽でいいですよ。

整体学校資料一括請求が無料でできる!

ケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/

整体師になりたい人のための整体師になるには?Q&A

費用はどれくらいかかりますか?

費用は、整体学校により様々です。2ヵ月〜で修了証、免状をとることができるカルチャースクールのようなものから、1年〜3年くらいの期間しっかりと学ぶ整体学校まで様々です。

 

前者ならば、8万円〜20万程。後者ならば100万円〜200万円くらいの学費が必要となります。

整体師になるには大学に通う必要があるの?

整体師になるために大学に通って何等かの学科を専攻しなければならないということはありません。

 

民間の整体学校で実践的な技術と知識を学び、その整体学校で修了証、免状(資格)を得て卒業すれば晴れて整体師になれたということです。

整体師になれる求人ってあるの?

足の施術

整体師を生業とすること自体には国家資格は必要ありません。

 

ですから、整体学校に通うこと無しに、接骨院、整骨院、整体院等の助手募集の求人にエントリーすることで、整体師の道をスタートさせることもできます。

 

ただし、何もわからない中、ゼロからのスタートであるのと、

 

修行中の身であるにも関わらずお金をいただいているということで、辛く厳しい道であることは覚悟する必要があるかもしれません。

 

反面、整体師になるためにまず整体学校に入学するということは、生徒になるとはいえ「お客さん」として整体を学ぶことができますので、ストレスが少なく楽しく学ぶことができます。

 

また、整体学校には、先述の接骨院、整骨院、整体院等からの求人募集も届きますし、各整体学校で独自の就職斡旋ルートを持っているものです。整体学校を選ぶ際は、卒業した後の就職先がどのような感じなのかも確認しておくことをお勧めします。

 

整体師を職業にしたいと考えている人は教えて終わりという学校ではなく、整体師の就職に力を入れている学校を選ぶのが良いでしょう。

整体師になるのに年齢制限などはある?

基本的に整体師になるのに年齢制限はありません。ただし、人の下で働く場合は、何等かの年齢制限がある場合があります。

 

知識と腕を磨き続ければ、それがそのまま経済的ゆとりに年々つながっていく。年齢制限なしに積み重ねていくことで年々整体師としての魅力を高めていくことができるのが整体師が他の多くの仕事と違う魅力の一つです。

社会人、会社員から整体師になるにはどうすれば良いの?

整体施術

スムーズに整体師になるには、まずは整体学校探しから始めるのが一番です。

 

ただ、注意したいのは、いきなり自分で整体学校へアポイントをとって学校見学をしてしまうと、その場の流れで何となく入校してしまうということになってしまう場合があるということです。

 

整体学校の費用はまちまちであるとはいえ大金です。また、整体学校選びは整体師を将来の職業にしようと考えている人からすれば人生の大きなターニングポイントであると言っても過言ではありません。

 

ですから、一番良いのは、そういった人に流されることなく、自分の意思で整体学校を選ぶことができる方法をとるということです。

 

そのためには、整体学校の資料を取り寄せることから始めるのが一番です。だけど、自分で様々な学校の資料を取り寄せていたら手間が大変です。

 

リクルートが運営するスクール・講座の検索サービスの「ケイコとマナブ」なら無料で整体学校の資料を一括請求できるから便利ですよ。

 

ケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/

学校見学の際の注意・ポイント

必ず複数の整体学校に見学に行こう!

人にこのようなことを薦めておいてアレですが、私は1校目の整体学校への見学で入校を決めてしまいました。結果的に、今、何とかなっていはいるのですが結果オーライの側面が大きいです。

 

どこの整体学校も基本的には、生徒を集めたいと思っています。かなり上手に入校の流れに持っていこうとします。その場の流れに任せてしまうと、冷静な判断が出来なくなってしまいます。どんなにその場で良いなと感じたとしても、必ず結論を一旦家に持ち帰って冷静な頭で判断するようにしてください。

 

大事なまとまったお金を払うわけですから、それくらい慎重であるべき、あるべきだったと思います。(汗)

 

卒業生が働いている姿を確認しておく

整体学校という名前だけならば、知識と技術を教えてお役御免…というのが最低ラインですが、学ぼうとする我々からすれば、

  • 卒業後に就職できるのか?
  • お金になるのか?
  • 生活できるのか?
  • なりたい自分になれるのか?

が重要ですよね。ですから、卒業後の就職、あるいは開業などのサポートはどうなっているのを確認しておく必要があります。整体学校の営業担当に聞くだけでは真実を確認することができないかもしれません。

 

一番良いのは、実際の卒業生に会って話をすることです。できるなら、整体学校の担当者の影響が及ばないところで話をするのがベストです。

  • 45歳妻と3人の子供がいてローンもあります。整体師としてやっていけるものなのでしょうか?
  • 60歳定年後に人の役に立てて自分のペースでやれる仕事がしたくて興味を持ちました。こんな私でも大丈夫でしょうか?
  • 25歳の結婚していない男です。将来の仕事として整体師の世界に飛び込もうと思っています。
  • 副業で月10万円くらい自分の空いた時間に稼げるようになりたいのですが可能でしょうか?

状況により、おすすめである。おすすめでないというのは違います。ですが、営業担当は、どのシチュエーションでも大丈夫であるというスタンスに持っていく可能性が高いです。

 

だからこそ、実際の卒業生と話をしておく必要があります。自分の将来と重ねあわせることができる卒業生がいて、憧れの念を抱くことができるのであれば、その整体学校はあなたに合っている可能性が非常に高いと言えるでしょう。

整体学校資料一括請求が無料でできる!

ケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/

整体師による整体師になったらどうなる!?Q&A

整体師には通信教育でもなれるものなの?

答えだけを言えば、なることができます。整体師というのは、そもそも国家資格というものが存在しません。ですから、極端な話、誰でも、「私は整体師です。」と言えば、その瞬間から誰でも整体師になれてしまうものなのです。

 

普通は、整体師としてやっていくには、まず、必要最低限の知識と技量を身に着けておく必要があります。知識という面では通信教育だけでも十分かもしれませんが、技量、技術に関しては、実際の整体学校で行われている実技や、その実技を磨き、また接客対応にも慣れるためのインターンを経験しないと少し厳しい部分があります。

 

結論として、通信教育だけでも、あるいは通信教育すらなしでも整体師にはなることができますが、対人という面での技術と経験はやはり整体学校でないと身に着けることが困難であると言えるでしょう。

整体師として開業するにはどうすればいいの?

開業というと、もの凄くハードルが高いように感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際、法律的なことにおいては税務署に「個人事業の開業届」を出すだけでOKです。後は、年に1度確定申告をするだけです。

 

法律的な事以外、他にしなければならないことと言えば、

 

  1. 整体院の準備・確保
  2. 集客

です。
私が初めて整体院を立ち上げたときを例に出しますと、私は1人院長の整体院から始めましたので、開業費用は100万円(店舗契約・チラシ・HP・内装他)くらいでした。

 

集客に関しては、最初に近所に折り込みチラシを入れました。折り込みチラシのいいところ悪いところなど特性については機会があれば書かせていただきますが、とりあえずオープン時にチラシを撒いておけば、一定数の人が物は試しにと来てくれます。

 

自らが、整体学校及び雇われた形での整体師としてそれ相応の修行をした自信を持っているならば、そのチラシによる一定数のお客の中の一定割合の人を再来院させるめどが立っているわけですから、新聞折り込みのチラシを撒くことで、開業時のスタートダッシュはOKであると言えます。

 

継続して新規顧客をとり続ける必要は勿論ありますが、それは

 

  • 腕と人柄によるリピーターの獲得、口コミでの広がり
  • 折り込みチラシとは別でポスティング広告を確保して開業後もコツコツ配布する
  • HPもしくはブログを育てていき、整体院の露出強化

などで対応することができます。

整体学校資料一括請求が無料でできる!

ケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/

整体師資格に関するQ&A

整体師として誇りを持って生きていくための資格、技術みたいなのはありますか?

虫歯ならば歯医者、結膜炎なら眼科といった具合に、現状、「明らかな病変があり、それを何等かの手段であれば確実によくできる」という事柄に関しては、ほとんどが医者(国家資格)の範疇にあります。

 

整体師の場合は、そういった事柄以外のことを治療という範疇以外で行うものです。ですから、「自分の力でこういうことをしてあげた」、「自分にはこういうことができる」といった満足感は医者に比べると得にくいです。医者に関しても、万能の神ではありませんからその種の無力感は感じることがあるそうですが。

 

マッサージや柔道整復師などの国家資格であっても医者と比較すると同様のことが言えますが、国家資格保持者は治療家として国から書面上で認められている存在ですので、技量に関わらず整体師よりは自己満足感はあるといえるかもしれません。

 

そういった現状を踏まえて、整体師が「自分はこういうことができる、してあげることができる」といった満足感を得るためには、

 

(命、怪我等にさほど深刻な関連がないとみなされていて)国から定義づけされていない、曖昧な領域であるにも関わらず、悩んでいる人が多く、それでいて、目に見えて結果がわかること

 

を改善させてあげることができるだけの理論、技術を身に着ける必要があります。それは何なのか…?骨格的、身体的コンプレックス(O脚矯正、X脚矯正など)改善のために知識、技術です。

 

これらは目に見える結果を得ることができるのに、病院では対応が難しいものです。整形外科でもO脚矯正、X脚矯正の悩みは受け付けてくれていると思いますが、医者は一人の患者に30分も40分もマンツーマンで付き合うことがシステム上ほぼできません。ですから、お決まりの対処方法に流して終わりというケースも中にはあるのです。

  • AさんのO脚を改善するには、骨盤矯正のとある手技がいいかもしれない・・・
  • AさんのO脚を改善するには、股関節を調整する手技がいいかもしれない…

こんな場合であっても、病院の場合は親身になって対応することが難しいのです。命に関わることではありませんしね。これらは肩こりや腰痛などにも言えることですが…

 

そんな現状ですから、(肩こりなどと違い施術成果が目に見える)O脚矯正、X脚矯正で整体の門を叩く人は非常に多いです。

 

O脚、X脚に悩む人に対応し、改善策を施してあげることができると整体師としての存在意義、誇りを感じやすいです。

 

O脚、X脚の改善には癖づけるために一定期間を必要としますので、定期来院してもらうことにもなり、商売としてもありがたいです。

 

整体学校を選び際には、O脚、X脚に対しての理論、技術、臨床データなどの具合もそれとなくチェックしておくとよいでしょう(あまりがっついて質問すると不審に思われるかもしれませんが…)。

 

肩こり、腰痛など軽度なものであれば生活疲れの延長にあるものですから、整体を施して、楽になったと言ってもらえたとしても具体的にどこをどうしたということが難しいです。O脚矯正や、X脚矯正は、そういった整体師にありがちな曖昧な領域の中にあって、例外的な目に見える成果を整体師もお客も実感することができる事柄であるといえます。

 

※O脚、X脚は様々な原因によりますので、どうにもならないというケースもあります。

整体師ってどんなことができる人なのですか?元となっている手技はあるのですか?

整体師は読んで字のごとく、体を整えることができる人といえるでしょう。ただし、薬を使うことは当然できませんので、体の外から骨格、筋肉などへしかアプローチすることができません。ただ、骨格の歪みが内蔵の不調につながっている場合もありますので、結果として内蔵の調子を整えることもできるとも言えます。

 

整体師というのは、国により定義づけや縛りがありませんので、広い意味で整体師という風に呼ばれることが多いです。ですから、元となっている手技も様々です。

 

カイロプラクティック、オシテオパシーといった西洋医学的観点で骨格へアプローチする手技がありますが、これら手技は日本では国からの何等かの定義づけや縛りが存在しません(国家資格がありません)。ですから、日本では「私はカイロプラクターです。カイロプラクティックができます。」という風に言ってしまっても罰せられるこはありませんし、それらを施すことができます。ただ、カイロプラクティック、オシテオパシーを元にした手技を行う人が一般的にわかってもらうように整体と名乗っていることがあります。

 

他にも推拿、アーユルベーダなど東洋医学的観点で身体へアプローチする手技もいろいろありますが、それらもすべて日本において何等かの定義づけや縛りがないものに関しては同様です。

 

逆に、按摩、鍼灸、マッサージなどは日本には国家資格がありますので国家資格なしに「私は按摩師です。」と言ってはいjけないですし、按摩を国家資格なしに施してはいけません。

 

按摩と推拿は手技としては元の流れをたどれば非常に似たものなのですが、日本における言葉での縛りということで、推拿は国家資格がないから、整体師の範疇として私は推拿を用いた施術を行っているということができるわけです。

整体師(整体)とカイロプラクター(カイロプラクティック)の違いは何ですか?資格に差や違いはありますか?どちらがいいですか?

基本的には日本国内で独自に発展した(東洋医学的)整体術や推拿(中国では国家資格)など日本で国家資格の無いものを手技とする者、あるいは、それらを教える整体学校の卒業者がその整体スクール独自の整体師資格を得たり整体師と名乗ります。

 

カイロプラクティックというのは、アメリカでは国の縛りのある西洋医学的医療(国家資格)ですが、日本には国家資格がありませんので、民間のカイロプラクティックスクールを卒業すると、そのスクール独自のカイロプラクティック資格がもらえます。

 

資格の違いという面では、どちらも民間資格で国家資格ではないという面では同じといえるかもしれません。ただ、東洋医学的アプローチをするのか西洋医学的アプローチをするのかに違いがあります。

 

 

東洋医学では、人というのはそれが最小単位の個体であるという考えから、それ以上人の体を細かく小さくは診ません。ですから、局所的な痛みを訴える人がいたとしたら、身体全体を診て、身体全体を整えることで身体の不調を無くしていこう…通常の状態に戻せば痛みはなくなる…というアプローチです。漢方薬を思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。

 

一方、カイロプラクティックは、解剖学的な観点で、例えば、骨格がこういう風に歪んでいるから、どの神経が圧迫されていて、それにより痛みが出ているといった具合に人を診ます。

整体師資格は無資格でも働きながら取れるんですか?

整体師資格は、国家資格ではなく民間資格ですから、簡単に取ることができる資格からそうではない資格までピンキリです。

 

整体院として構えている整体院で無資格の状態で働きはじめ、そこで技術研修を行ったのちに、その整体院が独自に発行している整体師資格を得れば、それで働きながら整体師資格が取れたということになります。

スポーツ整体師になってアスリートのサポートをする仕事がしたいのですが資格は必要ですか?

スポーツ整体師も整体師と同様に国家資格はありません。通う整体学校のアスリートに対しての対処、知識、技術についても、整体学校選びの段階でチェックしておく必要があるでしょう。

 

ただ、有名アスリートのサポート…などとなると、信頼とコネクションが必要な場合が多いです。有名アスリートや団体とつながりのある整体学校を選ばないと卒業後の働き先という面で、まったく関わりのないところでしか働けないかもしれません。

 

自力でスポーツ整体師になるためには、独自に勉強、研究をしながら、近所のノンプロのアスリートのサポートをすることで知識、技術を向上させ、自分の力で自分自身のレベルをアップし、また知名度を向上させていく必要があります。

整体師の資格を取るのに必要な学歴は?高卒以上じゃなきゃダメですか?

整体学校によっては、もしかしたら、「我が校の整体師資格は高卒以上ではないと取得できない」という学校もあるかもしれません。ですが、それはあくまでその学校が自らの民間資格を勝手に定義づけしているだけであって、(民間の)整体師資格全てがそうであるわけではありません。

 

むしろ、高卒以上でなければ資格取得できないというところは少数派。ほとんどの(民間の)整体師資格は学歴による縛りはありません。

 

完全に例外的ではありますが、日本関節運動学的アプローチ(AKA)医学会(http://www.aka-japan.gr.jp/index2.html)では正規に関節運動学的アプ ローチ(AKA)ー博田法を学んで当医学会の行う試験に合格した専門医、指導医だけにしか臨床標榜が許可されていません。とんでもなくハードルが高いです。

 

このレベルになると脱サラしてなどとは…とてもとても難しいですよね…

整体師にはどんな種類がありますか?開業して経営を安定させるためのコツなどはありますか?

大きく分けて、治療系整体師と癒し系整体師にわけることができます。厳密には整体師は治療をするわけではないのですが…見せ方としての治療系というニュアンスです。

 

治療系整体師の場合、坐骨神経痛、ぎっくり腰、40肩、50肩などなど、(病院に通ったけど症状が改善しないと)不快症状に悩む方を主に相手にします。病院では、医者は一人の患者に対し、つきっきりで徹底的に治療を施すことが難しいという側面があります。

 

それにより病院での対応に不満を覚える方が一定数いらっしゃいます。そういう方に対し、徹底的に自らの知識と技術で以て対応し、不快症状の改善を手助けするのが治療系整体師です。

 

治療系整体師の場合、来院されるお客さんが、(整体院を気に入って信頼してもらうことができたならば)改善するまで通うことになりますのでリピートしてもらいやすいですし、他の整体院との差別化もしやすいので経営は安定しやすいです。

 

ただ、あくまで不快症状改善のためのサポートしかできませんので、当然ながら、来院される方全員の不快症状を改善させることは不可能です。ですから、一定数の方に絶大な評価を得る一方、逆もまた然りという特徴があります。

 

もう一方の癒し系整体師はというと、治療系整体師のように、深刻な不快症状に悩む方を対象にするのではなく、軽度の肩こり、軽度の腰痛など、健康な方でも誰しもが感じることがある不快症状を持っている方や、健康増進のために来られる方や、癒しのために来られる方を対象とします。

 

気持ちよかったと思ってもらったり、楽になったと思ってもらえればそれでお客に満足してもらえるので、整体師側としては精神的に楽という側面があります。しかし、お客を定期来院へと促すのが治療系と比べると難しく、その分、売り上げの計算を立てるのが難しいという側面があります。

独立開業を考えているのですが、整体師での独立開業は難しいですか?

難しくありません。むしろ、独立開業するのが最も簡単な商売といえます。整体院経営は非常にシンプルです。仕入れ、売掛、買掛など複雑なことがありません。基本的には整体院というのは来院してくれた方に整体を施し、お代をいただくだけの営みです。

 

整体院そのものも、小規模なものであれば、小さな部屋を借りて、施術ベット1台、タオル等々があればそれだけで開業できてしまいます。

 

私の話となりますが、私はサラリーマン時代は物流管理、生産管理の仕事をしていました。非常に忙しい仕事だったのですが、その仕事の先には独立という光は全く見えませんでした。比較的大きな組織で、歯車として働いている場合、営みの全体像が見えませんから、その業種で、キャリアの延長線上に独立という光を見出すことは非常に困難だったのです。

 

私は整体学校に通ったのちに、整体師として整体学校を持っているほどの比較的大きな整体グループで勤務することで修行しました。その期間に、整体院経営のお金の流れ等々を勉強、把握することができました。

 

整体院経営は非常に簡単な算数でできます。あとは、お客をいかに満足させることができるか…それに集中するだけでそこそこやっていける。それが整体院経営です。

整体をして相手に怪我をさせてしまったらどうなるのですか?

整体は治療ではなく、また、人の健康に害を及ぼさない範囲でのサービスのみ認められているというのが現状なのですが、整体師を生業とする以上、万が一の心配はありますよね。

 

整体師、施術家には利用できる保険があります。

 

日本治療協会(http://www.jha-shugi.jp/)は国家資格を持たない整体師、セラピストでも加入することができる、だれでも入ることができる保険です。
会費は年払いの場合は18,000円、月払いの場合は1,800円/月と非常にリーズナブルです。

 

それ以外にもこういった保険は色々あります。中には整体学校が独自に保険を持っている場合もあります。卒業後に、そのグループに関わるところで働く場合、半強制的にその保険に加入させられるような場合もあります。保険料がべらぼうに高いと、その支払いだけでも大変ですので、整体学校選びの際はそのあたりもそれとなくチェックしておくとよいでしょう。

 

もちろん、整体学校を卒業後、自分だけの力で整体師と生きていく…という場合は、先ほどの半強制的に加入させられる保険に入り続けなければならないわけでありません。

整体師でたくさんお金を稼ぐ、儲けるというのは難しいですか?

最近は60分3000円といった程度の手もみ屋さんのようなお店も多いです。そういったお店と同じ土俵で戦ってしまっては、利益率は低くなってしまうと言わざるを得ません。

 

整体師を生業にする上で重要視しなければならないのは、自分の整体施術の価値です。自らの整体施術の価値を高め、また、利用する側がそれに見合った価値があると判断してくれる人が一定数いれば、また、いればいるほど、高い水準で経営を安定することができます。

 

そのためには、日々の整体の現場で経験、臨床経験を積み、勉強を怠らないことが大事です。年々経験と知識を積み重ねていけば行くほどに、独自の整体施術の価値は高まります。整体施術の価値が高まり、料金以上の価値があると判断するお客があふれかえるようなことになれば、結果、苦肉の策として、料金アップを考えることもできます。

 

日々、努力するのも勿論ですが、整体院の空間を他では味わえないほどに快適な環境にするとか、整体師本人が凄く見えるような工夫、演出をすることでもお客側が感じる価値を高めることができます。

 

整体師本人が凄く見えるような工夫というのはやりすぎは良くないとは思いますけどね。数多くいる整体師の中では1時間2万円くらいの料金設定でも予約がとりにくく人気…といった人がいるのも事実です。

整体学校資料一括請求が無料でできる!

ケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/

整体師のやりがいを知るヒント。整体院利用者の声

 

坐骨神経痛の治療で整体院に通い始めました
自分は結構若いころから腰痛持ちだったのですが、社会人になってからは会社員としてデスクワーク中心になってからも重い感じの腰痛に悩まされてきました。若いころならまだなんとかなってきたのですが30代後半になると加齢もあってか、どうやら坐骨神経痛も併発してきたようでありそれで効果的な治療を探すという風になりました。一応整形ではヘルニアの心配などは無かっため、それで整体院などを試してみようかなと思って評判の良さそうであり通えそうな箇所を探して行くことにしました。

 

実際に自分に合うまでには数件の整体院を通いましたが、自分が最終的にやってもらう整体院はカイロや骨盤などではなく、手技や揉み解し中心でやってくれるところでした。会社などのこともあり通常では週に一回であり、ちょっと通常よりも悪くなりそうだなと思ったら週に二回ぐらいのペースで通いましたが、やはり腰痛も坐骨神経痛も一朝一夕で治るものではなく、効果が実感できるまでは一年ぐらい定期的に通いました。料金に関しては比較的手ごろなのか一回あたり3000円程度だったので、この辺は保険がきかないとは言っても十分な範囲だったと思います。現在では一年通ってみてだいぶ改善したので、良い時は通わずにちょっと繁栄期などになるとまた定期的予防として通っています。通常の仕事中にはあの独特な痺れが改善されただけでも十分に満足していたので、整体院もきちんと自分に合ったものだと効果的だと思います。


 

整体院でストレッチを教えていただきました
ホットヨガをしていて、足を痛めてしまい、整体院に通うことにしました。マッサージと電気治療、また、ストレッチを教えていただきました。足は痛く、いつも痛む感じでした。ホットヨガをしたあと、急な階段を下っているときに、ビキッと筋がなり、痛みがずっと続きました。整体院では、一回につき3,4000円かかりました。通っていたのは、20代半ばのころです。3回位通いましたが、結局目覚ましく治ることはありませんでした。しかし、マッサージは気持ちよく、一生懸命ケアをしていただきました。

 

痛みで少し心細くなっていたので、ありがたかったです。また、ストレッチや生活のアドバイスをしていただきました。あまり儲け主義の整体院ではなく、患者の痛みがよくなるように考えてくださる感じでした。通うといっても、安くはありませんし、負担にもなってきました。そこの整体院の先生がストレッチの本を出していたため、その本を教えていただきました。その本の通りにしたところ、だんだんと痛みが治まっていきました。また、軽い運動はしたほうがいいのだそうです。痛いから何もしないのではなく、軽い運動をすることで血行がよくなり、痛みに効くのだそうです。そこで自転車に乗ってみたところ、痛みが完全にとれました。


 

産後に整体院に通った体験
24歳で長女を出産したのですが、産後2か月くらいの時に毎晩2時間おきの授乳や抱っこなどで酷い肩こりに悩まされるようになりました。授乳の姿勢が良くなかったのか首かた肩甲骨にかけて痛みが酷かったのと、股関節がガクっとすることが頻繁にあったので整体院に通うようになりました。

 

整体院では、全身のマッサージや骨盤の調整をしていただきました。診ていただいたときに言われたのが、やはり無理な姿勢のせいからくる肩こりと言われました。また、股関節がはずれるような感覚は骨盤が開いていることが原因と言われました。5回ほど通いました。費用は、一回30分で3000円だったので、全部で15000円です。5回通って、だいぶ肩こりは改善されました。また、姿勢を正すことを心掛けるようにとアドバイスをいただいたのでそのおかげもあるかと思います。骨盤を締めてもらったおかげで、ガクっとなることが少なくなりました。


 

整形外科と整体の使い分け
ガチガチの肩こり持ちです。私が整体院に通い始めたのは、友人からの一言でした。「1回に何千円と払うマッサージに行くより、整体に行ったら?」そのとき、はっとしたのです。それまでの私には肩こりを整体でという認識がなかったのです。そこで、さっそく自宅近くの整体院に通うことにしました。ラッキーなことに、診療時間は正午から午後9時まで。残業が続く私でも通えるところでした。といっても、毎日帰りが遅く、実際に通ったのは月1〜2回程度です。現在は通っていません。

 

石のように硬くて指が入らないと整体師から言われた肩も、もみほぐしてもらうことで少しは改善したようですが、なんせ月1〜2回程度の通院では、劇的な改善はありませんでした。仕方のないことですが…それでも通ってよかったと思うのは、わずか15分〜30分の施術(1回の診療費は700円)でも、心身ともにリフレッシュできたこと、整形外科では聞かなかった骨盤体操や腹式呼吸の方法などを教えてもらったことです。実は、坐骨神経痛や変形性膝関節症の持病を持つ私。膝が痛み出したとき、多忙でかかりつけの整形外科に行けず、整体で治そうとしましたが、整体ではその原因がわかりませんでした。

 

どこか体に不調が出たとき、「整形外科と整体のどちらに通えばいいの?」と疑問に思う人も多いようですが、私の経験を通して言えるのは、発症の原因を突き止めたいのなら、整形外科へ。レントゲン撮影を通して的確に説明してくれるので、気分的にすっきりします。また、ストレッチやエクセサイズなど、現状改善のための具体的な方法を知りたいのなら整体へ。整形外科と整体のこうした使い分けはありだと思います。


 

肉離れの後遺症
60歳の冬のことです。娘の引越し手伝いで右ふくらはぎの肉離れを起こしてしまいました。当初は整形外科でテーピングをし、痛み止めの薬を処方されましたが、2週間経ってもまともに歩くことができませんでした。近所の評判のいい整体院がありましたので2週間後からほぼ毎日、1ヶ月間通いました。ソフトな感じの手技によるマッサージと電気を15分かけるという治療をしてもらいました。肉離れの範囲は狭かったようですが、当初言われていたよりも損傷が深かったことと、引越し手伝いのため、怪我をしてからの無理がたたったのか思いのほか長い間かかりました。

 

治療費は毎日大体2千円くらいでした。片脚に損傷部位があると、どうしても悪い方の脚を庇う形で不自然な歩き方になるとのことで、マッサージは腰から下の両脚してもらっていました。整形外科の治療と整体院の施術は車の両輪のような感じで、今思えば、当初から両方にかかればもっと早くよくなっていたのかもしれません。結局、最初の施術から1ヶ月後には、元通りとは言えませんでしたが、足を交互に出して、普通に歩けるようにしてもらうことができました。手技の力はすごいなあ というのが整体院初体験の私の実感です。


 

五十肩には整体が効きます!!
左肩に痛みを感じて、最初に整形外科を受診したんですが、診察の結果、まだ40過ぎだったのに五十肩と言われ、痛み止めの薬を貰えただけでした。そんなもので痛みが治まるはずもなく、着替えが出来ない、高いところのものが取れない、荷物が持てないなどと、生活にも支障をきたし始めたので何か解決方法はないかと思って、藁にも縋る思いで整体院の扉を叩きました。

 

整体院では、痛みのある肩より先にまず体船体を解すことから始められました。特に背中が固まっているとかで、うつ伏せで長い時間マッサージして貰えましたし、足の指や脹脛なども真マッサージで揉みほぐしてくれました。肩自体を触り始めたのは、1週間ぐらい経ってからだったと思います。ゆっくり肩の回すような感じから、徐々に可動域を広がつように、整体師の先生の動きも大きくなっていきました。でも、痛みを感じることはありませんでした。どうも、どういう体勢を取れば痛いのかが、?生にはわかるようで、その一歩手前で止めてくれていたようです。

 

でも、「痛いからと言って全く動かさないのは逆にダメですよ」と、やんわり注意もされましたけど。それで、肩に負担の掛からない体操を数種類教えて貰えましたので、できるだけ家でもやるように努力して、結局、週に3日ほど通って、一回30分ぐらいの施術でしたけど、2カ月ほどで肩が上がるようになりました。費用は、一回300円程度だったと思います。整形外科(最初に行った整形外科とは別の)に併設されたような整体だったので、安く済んだのかもしれません。


 

出産で飛び出した尾てい骨が戻りました
難産だったせいか、もともとの骨格の問題だったのか、第一子出産で尾てい骨が飛び出してしまい、痛くてまともに座ることができなくなってしまいました。時間が経てば治るかと思い、Cの字になったクッションを購入し使用していたのですが、少しは改善したものの3か月経っても半年経っても完治せず、痛い部分を浮かすように左右どちらかお尻を浮かして座ったりしていたので、腰まで痛くなる始末で。

 

もう限界だと産後9か月の頃、妊産婦を主対象にしている整体院を訪れました。助産師さんの指導の下やっているところでしたので、産後の女性の身体のことも詳しく、安心して任せることができました。1回5000円と安くはありませんでしたが、4〜5回で尾てい骨は元に戻り痛みはほぼなくなり、全身のずれを調整し筋肉をほぐす施術により、酷かった肩こりも軽減しました。施術は、全く痛みはなく気持ちのいいものでしたし、その後もよい状態をキープしたくて、月1回通院を続けていました。

 

その時に聞いた話では、骨格のずれがひどい悪阻を引き起こすこともあるとのことでしたので、第一子の時にひどかったので、第二子妊娠中も通った結果、第一子の時に比べるとかなり楽でした。また、出産自体も第一子の時とは比べものにならないほど楽で、いいことずくめでした。


 

姿勢が良くなることで、他の不調が改善された
フットサルを始めたのがきっかけに、周りから猫背であることを指摘され、さっそく整形外科でレントゲンを撮ってもらいました。私の歪みの程度は軽いものでしたが、以前から気になっていた首の痛みや頭痛の原因ではないかと言われました。その日は整形外科で施術を行いましたが、通院となると不便な所だったので、家から近い整体院で施術を行うことにしました。まず、悩んでいる症状をしっかり聞いてくれ、一人ひとりにあった施術を考えてくれます。ベットは広く、ゆったりと寛げるようになっていました。

 

整体というと骨をボキボキならしながら痛みの伴うイメージでしたが、痛みもなく終えることができました。施術の最後には痛みが取れた理由や痛みがぶり返さないような家での過ごし方などをとても丁寧で分かりやすく説明してくれました。私の場合は軽度の猫背だったので、計3回の施術で終わり、首の痛みや頭痛も改善されました。初回は問診などもあり8000円程かかりましたが、2回目以降は5000円で受けることができました。完全予約制の整体院だったので、待ち時間がなく、施術を行う時間も10分程度で時間に縛られることなく来院できました。今でも猫背予防のために月に一度は通っています。


 

清水鍼灸整骨院、いいですよ
阪急宝塚泉山本駅前にある清水鍼灸整骨院を知ったのは近くに住むヨメの父からの進言でした。「ええとこ出来たで。あそこ、あんたも行ってみ!」といことで、早速行ってみることに。それまでも私は他の整骨院にも通っていましたが、なかなかしっくりくる所はなく、その頃はどこにも通っていなかったので、気軽な気分で訪問することに。対応した先生はみんな若くでイケメン揃い。これはおばちゃんには人気になるだろうと思っていたらその通りで、それなりお年の女性が多かったことひとしきり。治療内容は針治療から。これは希望する人にだけとのことでしたが、私は以前から針が好きでしたので勿論希望しました。なかなかによき場所にヒットして快感でありました。結構強めを希望したのですが、痛すぎることもなく、大満足。

 

次に手でのマッサージ。これも強めを希望しました。「おもいっきりやって」というと、本当におもいっきりやってくれました。最後は低周波による電気治療。最大3か所までできて、希望の場所に当ててくれるので、気持ちいいことこの上なし。15分ほど当てて終了。代金は740円。保険適用なのでリーズナブルな価格です。針の費用が100円というのもよろしい。以前に行った所は針治療は別料金で結構取られた記憶があるので、この価格はお得です。(初診の時はもう少し取られましたが)しかも受付嬢も愛想がよくて、また来たいと思わせてくれる鍼灸整骨院でありました。


 

骨のゆがみは万病のもと
私の子どもが2歳の時、中耳炎になり2カ月間ずっと抗生剤を飲み続けていました。病院を変えてもなかなか治る気配がなく、母から色んな病気に効く整体院を教えてもらいました。初めての整体院でしたが、びっくりの連続でした。まずは、子どもの色んなところを触って、「骨が歪んでるね。肝臓が腫れてるよ」と言われました。ずっと抗生剤を飲んでたせいで肝臓が弱っていたみたいです。それから、症状もひどくなかったので、薬を辞め、10日ほど連続して整体院に通いました。2歳児が施術されてる姿は、見ててかわいらしいものでした。

 

通ったかいもあり、10日目には、もう来なくても大丈夫と言われ、それからは中耳炎になることもなくなりました。保育園でも、先生から「こんなにカゼひかない子は、めったにいないよ」と言われるくらい体が丈夫になりました。年齢的にそういう年齢だったのかと言われれば、そうかもしれませんが、歪みはいろいろな不調をもたらすということも聞いたことがあります。なので、歪みが治ったおかげで丈夫な体になったと思っています。お薬での治療よりは、多少お金がかかりましたが、抗生剤を飲ますわけではないので、体に負担もなく、なんの心配もなく通えたことがなによりでした。


 

左右の足の長さが違うせいでヒザが痛かった
個人差があると思いますが、皆さん左右の足の長さは違うと思います。私もそうなのですがどうやら右足のほうが異常に長いようで十分くらい歩くと右足が痛くなってしまうのです。最初は整形外科に通っていたのですが治すことができない、といわれました。しかし人間として毎日歩くので何とかして治したいと思い整体院に通うことにしたのです。最初は最寄り駅でちらしを配っていて何気なく受け取っただけなのですが自宅に帰ってよく観ると、体の痛みやゆがみについて書いてあり一度くらいなら試してもいいかも、と思い行ってみることにしました。

 

正直整体院は老人ばかりなんだろうな、と思っていたのですが私のような二十代の人も多く、清潔な環境で、想像と違いビックリしてしまいました。施術って痛いんだろうなぁと思っていたのですが、足をぐいっと曲げたり伸ばしたり、力を入れているようでしかし私にまで伝わる力ではなかったので、痛みのない施術?これで大丈夫なの?とも思ってしまいました。ところが施術をしてもらった夜、普段寝るとき仰向けだと三時間くらいすると股関節が痛くなってくるのですが全然痛くありませんでした。そして快適に一日が送れるようになったのです。

 

一週間くらいすると、また鈍い痛みが出るようになり、定期的に通って徐々によくしていかないといけない、骨の部分だからね、と言われ、現在は二週間に一回のペースで通っていますが、毎日あったあの右足の痛みがなくなったので快適に日々を過ごせるようになり整体院は私に欠かせないものになっています。


整体学校資料一括請求が無料でできる!

ケイコとマナブ公式HP
http://www.keikotomanabu.net/